AIDMAの法則・購買心理(コピーライティング講義)

どうも青春野郎です。

ここでは、消費者の購買心理のプロセスとして「AIDMAの法則」を動画で解説していきます。

 

 


*音量調整レバーがうまく動かない場合は画面を大きくすると改善されます。

*イヤホンの場合は音量に気を付けてください。

 

 

AIDMA(アイドマ)の法則とは?

 

消費者の消費行動のプロセスモデルである。

アルファベットの頭文字をとってAIDMAとなっている。

 

1.Atention(注意)

最初は消費者はその存在を何も知りません。この段階ではお客様に商品やサービスを認知してもらうことが目標である。

 

 

2.Interest(関心)

消費者は商品・サービスを知ってはいるけど、関心や興味を抱いていない状態です。

ここでは商品に関心を持ってもらうことが需要。

 

 

3.Desire(欲求)

関心や興味は持っているけど、買うまでの欲求はない状態。

どうようにして消費者に欲しいと思わせるかがポイントです。

 

 

4.Memory(記憶)

欲しいと思ったけど、本当に買っていい物なのかという記憶を過去にさかのぼります。

ここで購入する相手に動機を持たせるかが大事です。

 

 

5.Action(行動)

最後の一押しです。

行動を起こさせるために行動を起こさせる必要があります。

 

これがAIDMA心理の購買プロセスになります。

 

これはネットビジネスではなく、リアルビジネスによく使われるものです。

ちなみにネットビジネスでは AISCEAS(アイシーズ)の法則という購買心理プロセスがあります。
⇒AISCEASの法則についてはこちら

この記事はあなたのお役に立てたでしょうか?

ブログランキングへ破ってみませんか?

破る

ビリビリビリ・・。


本日も破って頂きありがとうございました(´∀`)
dogezas.gif

 
看板      
お名前 メールアドレス
記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると青春野郎は喜びます!

yaji-006

コメントを残す




CAPTCHA