ワードプレスプラグインのインストール方法

どうも青春野郎です。

今回はワードプレスの基本的な操作のひとつである、プラグインのインストール方法を説明していきます。

WordPress2

 

ワードプレスサイトを運営すると必ず必要となるのがプラグインです。

plug-electricity-icon

プラグインというのは簡単に言うと、ワードプレスに機能を追加することです。

 

現在、数えきれない程のプラグインが存在していますが、ここではプラグインのインストール方法を説明していきます。

 

プラグインのインストール方法

まずダッシュボードから、「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

スクリーンショット 2014-02-03 18.58.20

 

スクリーンショット 2014-02-03 19.01.39

 

プラグインのインストール画面からインストールしたいプラグインを検索します。

今回は「JetPack」をインストールしてみます。

 

スクリーンショット 2014-02-03 19.06.44

 

検索すると「JetPack」が一番上にあります。

ご覧の通り名称が違う場合がありますが、基本的に検索したプラグインは一番上に表示されます。

いますくインストール」をクリックします。

 

スクリーンショット 2014-02-03 19.09.38

 

 

「インストールが完了しました」というメッセージを確認したら、

ネットワークで有効化」をクリックします。

 

 

これでプラグインのインストールが完了となります。

それぞれのプラグインの設定については、ダッシュボードの「設定」から行いましょう。(プラグインによって変わります)

 

FFFTPからプラグインをインストールする方法

 

では次に、FFFTPから直接プラグインをインストールする方法を説明します。

ほとんどの場合、ワードプレス管理画面からクリックひとつでプラグインをインストールできますが、たまに直接サーバーにアップする場合があります。

 

ネットでプラグインを検索するとプラグインの公式HPがあります。

 

今回は「WPtouch」をネットで検索しました。

公式サイトではこのような画面があります。

スクリーンショット 2014-02-02 18.13.29

 

 

オレンジ色のボタンを押すとプラグインを自分のPCにダウンロードできます。

 

そして、ダウンロードしたものをサーバーにアップしましょう。

エックスサーバーの場合、「public_html/wp-content/plugins」内にアップロードします。

スクリーンショット 2014-02-03 19.21.46

 

アップロードしたら、ワードプレスにプラグインがインストールされています。

 

スクリーンショット 2014-02-03 19.22.40

 

有効化」をクリックするとプラグインの導入は完了となります。

 

まとめ

今回説明したのは、ワードプレス管理画面からプラグインをインストールする方法と、サーバーに直接アップロードする方法でした。

 

基本的にはワードプレス管理画面からインストールできるので、問題なくプラグインの導入が行えるかと思います。

この記事はあなたのお役に立てたでしょうか?

ブログランキングへ破ってみませんか?

破る

ビリビリビリ・・。


本日も破って頂きありがとうございました(´∀`)
dogezas.gif

 
看板      
お名前 メールアドレス
記事を読んで少しでも興味深く思われましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有してもらえると青春野郎は喜びます!

yaji-006

コメントを残す




CAPTCHA